Windows 10 - デスクトップ画面の操作と設定

  1. デスクトップ画面の説明
  2. デスクトップ アイコンの全てを表示/非表示にする
  3. デスクトップ アイコンを個別に表示/非表示にする
  4. デスクトップ画面にショートカットを配置する
  5. 複数の仮想デスクトップで作業をする

デスクトップ画面の説明

  1. デスクトップ アイコン

    アイコンをダブルクリックする事で、素早くアプリを起動できます。また、よく使用するアプリのショートカットをこの領域に配置すれば、作業の効率化を図る事ができます。

  2. タスクバー

    通常は、デスクトップ画面の下部に配置されており、スタートメニューなどのアイコンが並んでいます。タスクバーは、全画面表示など特殊な場合を除けば常に表示され、アイコンもシングルクリックでアプリを起動できますから、最も作業性の良い領域です。

  3. スタートメニュー

    PC のほとんどの操作や設定は、ここから出来ます。

  4. 通知領域

    この領域には、インターネット接続の状況・音声の調整・IME(日本語変換)・日付など、システムの状況がリアルタイムで表示されます。また、必要に応じてユーザーのシステム関連アプリをこの領域に常駐させることも出来ます。

    デスクトップ画面の説明

TOP へ

デスクトップ アイコンの全てを表示/非表示にする

  1. デスクトップ画面の空白領域を右クリックし、表示された小窓から、「表示(V)」→「デスクトップ アイコンの表示(D)」のチェックボックスで設定します。
    全てを表示する場合は同項目にチェックを入れ、全てを非表示にする場合は同項目のチェックを外します。

    アイコンの全表示画面

TOP へ

デスクトップ アイコンを個別に表示/非表示にする

  1. デスクトップ画面の空白領域を右クリックし、表示された小窓から、
    「個人設定(R)」→「テーマ」→「デスクトップ アイコンの設定」をクリックします。

    デスクトップ設定画面
    デスクトップ設定画面
    デスクトップ設定画面
  2. デスクトップ アイコンの設定画面が開いたら、表示したいアイコンにチェックを入れ、表示したくないアイコンのチェックを外して「OK」をクリックます。ここでは、全てにチェックを入れてデスクトップ アイコンを表示させてみます。

    デスクトップ アイコンの設定
  3. 全てのデスクトップ アイコンが表示されました。

    デスクトップ画面

TOP へ

デスクトップ画面にショートカットを配置する

よく使用するプログラムを、デスクトップ画面にショートカットを配置して起動できるようにします。
ここでは、Internet Explorer(IE)ブラウザのショートカットをデスクトップに配置してみます。

  1. スタートメニューから目的のプログラムを右クリックし、表示された小窓で「ファイルの場所を開く」をクリックします。

    スタートメニュー アイコン
  2. エクスプローラーが開きますから、目的のプログラムもしくはショートカットを右クリックして、
    「送る(N)」→「デスクトップ(ショートカットを作成)」を選択してクリックします。
    ファイルの場所が分かっている時は、最初からエクスプローラーを開いてこの操作を行うことも可能です。
    *注 小窓に表示される項目は、PCによって異なります。

    エクスプローラー画面
  3. Internet Explorer のショートカットが、デスクトップ画面に表示されました。

    デスクトップ画面

TOP へ

複数の仮想デスクトップで作業をする

Windows 10 には、仮想デスクトップ機能が搭載されています。
この機能を使えば、今迄一つのデスクトップで混雑していた作業を、目的毎に分離独立することが出来ます。

例えば、

  1. 仮想デスクトップ1: 通常のウェブサーフィンとメールやスカイプでの連絡用。
  2. 仮想デスクトップ2: 動画のダウンロード・アップロード専用。
  3. 仮想デスクトップ3: 仕事用。
  4. ・・・
  5. 仮想デスクトップn: PC のスペックが許せるまで可能なようです。

それでは、早速作ってみましょう。

  1. 仮想デスクトップの追加は、タスクバーの「マルチ デスクトップ」アイコンをクリックして行います。

    マルチ デスクトップ アイコン
  2. 現在のデスクトップが表示されますから、「+」(新しいデスクトップ)をクリックして追加します。

    デスクトップ1
  3. デスクトップ2 が作成され、デスクトップをマウスで選択できるようになります。
    タスクバーにピン止めしているアプリは、そのまま継承されます。
    デスクトップ2 をクリックします。

    デスクトップ2を選択
  4. デスクトップ2 に切り替わったら、
    例えばここを動画の閲覧・ダウンロード・アップロード専用のデスクトップにします。

    デスクトップ2
  5. デスクトップの切り替えは、タスクバーの「マルチ デスクトップ」アイコンをクリックします。

    デスクトップの切り替え
  6. 必要なら、更に「+」(新しいデスクトップ)をクリックして追加します。

TOP へ

Google Sponsored

コメント

このページに関する、ご感想やご質問をお寄せください。
お名前と都道府県名は、正確にお書きください。 - 泰山 -

お名前: *必須
都道府県: *必須
コメント: *必須
No.000228 辻田卓史 三重県 2016-05-26 04:20:26
凄くわかりやすい画面指導でありました。有難う御座いました。新規のPC:WINdows10で扱に困っている友人の依頼で一助に為ればと検索させて頂き、大いに役立ちました本当に有難う御座いました。
No.000162 かぼねこ 埼玉県 2016-01-13 12:57:09
そこいら中検索しましたが、結局のところ、Win10のマルチデスクトップそれぞれに名称を好きに付けられないのですね。がっかりです。