Windows - タスクバーの設定と操作

アイコンの表示と非表示

よく使用するプログラムは、タスクバーに常時アイコンを表示すると便利です。
必要がなくなれば、非表示にすることも出来ます。

Windows 7
  1. タスクバーにアイコンを常時表示したい場合、すでに目的のプログラムが起動している時は、そのアイコンを右クリックし、開いた小窓で「タスクバーにこのプログラムを表示する」をクリックします。

    タスク、プログラム表示画面
  2. 目的のプログラムがまだ起動していない場合は、「スタート」→「全てのプログラム」から、目的のプログラムを右クリックし、開いた小窓で「タスクバーに表示する(K)」をクリックします。

    注)小窓に表示される項目は、PCによって異なります。

    スタート プログラム一覧画面
  3. タスクバーに表示されているアイコンを非表示にする場合は、目的のアイコンを右クリックし、「タスクバーにこのプログラムを表示しない」をクリックします。

    タスク、プログラム非表示画面

タスクバーを隠す

タスクバーを隠すことにより、画面を広く使うことが出来ます。

  1. スタートを右クリックし、「プロパティ(R)」をクリックします。

  2. 開いた画面の「タスクバー」タグで、「タスクバーを自動的に隠す(U)」にチェックを入れて、「OK」をクリックします。
    元に戻したいときは、チェックを外します。

    タスクバーと[スタート]メニュー画面
  3. 隠れたタスクバーは、カーソルを最下部に移動すると現れます。

開いている全てのウィンドウを最小化する

  1. タスクバーの右端にある細い領域をクリックすると、全てのウィンドウが最小化して、デスクトップが表示されます。

    デスクトップの表示画面

Google Sponsored

コメント

このページに関する、ご感想やご質問をお寄せください。
お名前と都道府県名は、正確にお書きください。 - 泰山 -

お名前: *必須
都道府県: *必須
コメント: *必須

まだコメントは有りません。