VPNGate - VPN 中継サーバー

海外のサイトや動画を閲覧していると、その国の検閲やサイトの規制に遭遇して見られないことがあります。
そういう場合でも、VPN 中継サーバー を経由すれば、外国のファイアーウォールを通過して容易にアクセスすることが出来ます。

ここでは、筑波大学大学院学術実験サービスが無料で提供している "VPN Gate Client" を使用し、IP アドレスを VPN 中継サーバーのものに書き換えて、簡単・安全にアクセスする方法を記してみます。

VPN Gate Client のダウンロード

対応 OS: Windows, CPU: Intel x86 および x64
Windows 98 SE, ME, 2000 SP4, XP SP2 SP3, Vista SP1 SP2, 7 SP1, 8
Server 2003 SP2, 2008 SP1 SP2, 2008 R2 SP1, Server 2012
Hyper-V Server 2008, 2008 R2, 2012

言語: 日本語、英語、中国語 (簡体字)

VPN Gate Client のインストール

  1. ダウンロードしたZIPファイルを解凍します。
    同名のフォルダーに解凍した方が管理しやすいでしょう。

  2. 解凍が終わったら、"vpngate-client-v***.exe" をダブルクリックします。

    vpngate-client-v4.12
  3. VPN セットアップ ウィザードが起動したら、「次へ(N)」をクリックします。

    VPN セットアップ ウィザード画面
  4. "SoftEther VPN Client" を選択して、「次へ(N)」をクリック。

    ソフトウェアの種類選択画面
  5. 使用許諾契約書や注意事項等が表示されますから、よく読んで次へ進んでください。

  6. インストール先ディレクトリを指定して、「次へ(N)」をクリック。

    インストール先画面
  7. インストール準備完了画面が表示されたら、「次へ(N)」をクリック。

    インストール準備完了画面
  8. インストール中・・・。

    インストール画面
  9. インストールが終了したら、「完了(F)」をクリックして、"SoftEther VPN クライアント接続マネージャを起動します。

    インストール終了画面

VPN Gate Client プラグインの起動と VPN Gate サーバーへの接続

  1. "SoftEther VPN クライアント接続マネージャ" が起動したら、「VPN GATE 公開 VPN 中継サーバー」をダブルクリックします。

    VPN GATE クライアント接続マネージャ
  2. 「VPN Gate 中継サービスを有効にし、ボランティアとして実験に参加する(E)」は、参加してもしなくても構いません。注意書きが表示されたら、内容に従って先へ進んでください。

    VPN GATE 公開 VPN サーバー一覧
  3. 中継サーバーの一覧が表示されますから、目的に応じてその中の一つを選択します。
    回線速度が大きく Ping の値が小さいサーバーが快適ですが、ここでは、永続性と信頼性に重きを置いて本家筑波大学の "121.114.255.113" を選択し、「選択した VPN サーバーに接続(C)」をクリックします。

    VPN GATE 公開 VPN サーバー一覧
  4. 接続に使用する VPN プロトコルの選択は、デフォルトの「TCP を使用」のままで「OK」をクリック。

    接続に使用する VPN プロトコルの選択
  5. 下段に新しい仮想 LAN カードが作成され、VPN Gate 接続が完了しました。
    これで、検閲を受けずにサイトの閲覧やメールの送受信が可能になります。

    接続完了画面
  6. VPN Gate 接続後、このページを更新すれば、貴方の IP が変わったのを確認出来ます。

\n _HTML; } ?-->

コメント

このページに関する、ご感想やご質問をお寄せください。
お名前と都道府県名は、正確にお書きください。 - 泰山 -

お名前: *必須
都道府県: *必須
コメント: *必須

まだコメントは有りません。