写真で見るタイの花 ドー(ク)・マーイ(ดอกไม้, Doak Maai)

代表的な花

ファンファ(ดอกเฟื่องฟ้า, Fanfa, ブーゲンビレア, Bougainvillea)
ファンファ ファンファ赤色 ファンファ黄色 ファンファ桃色

路地や軒先に、日陰取りと観賞を兼ねて植えられています。
赤・白・ピンク・黄色が有り、沢山の花をほぼ一年中咲かせる。
大きく成長し、なかにはファンファにすっぽりと覆われたファンタスティックな家も。

ドー(ク)・クラー(Doak Kura, ハナモツヤクノキ, Butea monosperma)
ドックラー ドックラー ドックラー

乾季。マメ科の落葉高木。
インドからミャンマー、タイにかけて分布。
濃いオレンジ色の派手な花(長さ5~6cm)を沢山咲かせる。
チェンマイの県の木、ならびに県の花。

ドー(ク)・ケム(ดอกเข็ม Doak Kem, 山丹花, Ixora)
ケム ケム

暑季から雨季。
タイ語でドー(ク)・ケムは、「針の花」。
タイ人には、山丹花の蕾が裁縫の待ち針を刺す針坊主に見えるようです。
タイの花言葉: 「山丹花の鋭い針蕾のように、聡明かつ鋭い知恵を与えて下さい。」

ハン・ノック・ユーン(หางนกยูงฝรั่ง, Han Nok Yuun, 鳳凰木, Flam boyant )
鳳凰木

暑季から雨季。
燃え上がるような真っ赤な花。
タイ語でハン・ノック・ユーンは、「孔雀の尾」。

ラーチャ・プルック(ราชพฤกษ์, Ratcha Phruek, ゴールデンシャワー, Golden shawer tree)

別名: ドー(ク)・クーン(ต้นคูน, Doak Kuen)、トーン・クーン(ต้นคูน, Thong Kuen)
古語: チャイヤ・プルック(ชัยพฤกษ์, Chaiya Pruek, 勝利の樹)

ゴールデン・シャワー

暑季から雨季。枝から降り注ぐ黄金の滝。
タイ語でラーチャ・プルックとは、「王の樹」。
タイの国花、ナコンシータマラート県の県花。

タイ桜: チョンプー・パンティップ(ชมพูพันธุ์ทิพย์, Chompoo Pantip, キダチベニウゼン(木立紅凌霄花))
タイ桜

タイには通称「タイ桜」と呼ばれている木があり、道行く人の目を楽しませてくれます。
薄紫色に咲き乱れるこの木を初めて見た日本人は、きっとビックリすることでしょう。
しかし、残念ながら、この木は桜の木ではありません。

トワ(ทอย, Toa, 豆の木)
豆の木の花 豆の木の花 豆の木の花

タイではいたるところに豆の木が有ります。種類も多く、樹齢数十年と思われる巨木も珍しく有りません。
葉は同じ様でも花の形状は全く異なります。
真中の豆の木の花は、ほんのりとピンク掛かった大型の白い花。
中には、まるで枝豆のような豆の木も。

ドー(ク)・チャバー(ดอกชบา, Doak Chaba, ハイビスカス, 仏桑華, Hibiscus)
Fa-Bua

日本人には憧れの花の一つですが、タイではそこら中に生えています。
ハイビスカスティーは、「タイ王宮で栽培され国賓に出される飲物」とも宣伝されています。
その形から、時には台風の名前になることも。

ファ・ブーア(Fa Bua)
Fa-Bua

真っ赤な大輪が、燃え盛る太陽を連想させます。
生まれ故郷の薩摩でも、子供の頃に観た記憶があるのですが、今でもあるのでしょうか。
名前は分かりません。

ポイ・シアン(Poy Shian, 花麒麟, Crown Of Thorns)
ボケの花

庭先に植えられていたり、大小の鉢植えにしているのを良く見かける。
タイの人は、この花が好きなようです。

ヤー・ラップ・ムーン(ไมยราบ, Yaa Rap Moon, お辞儀草, 眠り草, Action plant)
眠り草の花

日本で根強い人気の「お辞儀草」。タイでは路地や庭に生える雑草です。
「ヤー」は薬の意味で、脚気に効くといわれています。

珍しい花

タブティム(ทับทิม, Taptim, ザクロ, Pomegranate)
ザクロの花

ザクロの花なんて、なかなか見る機会がありませんね。

ファイ(ฝ้าย, Fai, 綿花, Cotton)
綿の花

涼しげに咲いた、真っ白い綿(ワタ)の花。

ラムヤイ(ลำไย, Lamyai, 竜眼)
竜眼の花

タイの人に熱狂的人気がある果物ラムヤイ。決して綺麗ではありませんがその花全てに実をつけるほど成長力があります。

ソム・オー(ส้มโอ, Som Oh, 文旦, Pomelo)
ザボンの花

果実に似合わず、なんとも可憐な花をつけます。

サクラ(ซากุระ, Sakura, 桜, Cherry blossom)
タイの桜

チェンマイを含む北部山岳地帯では、本物の桜の木があります。こちらは正真正銘、薄いピンクの桜色。華やかさの内にも何となく落ち着いた雰囲気を持っています。

椰子の木を背景に咲き乱れる桜が、絵になるかならないかは別にして、摂氏36℃の熱帯地方で果敢に咲いた桜に、驚嘆と郷愁を覚えることでしょう。

桜は、折からの日本ブームでタイでも「サクラ」と呼ばれていますが、「ファラン・ゲー(老いた西洋人)」の異名も。シルバーヘアから連想するのでしょうが、いつもの事ながらタイの人の直感的な表現には感心します。

グルアイ(กล้วย, Gluay, バナナ, Banana)
バナナの花

バナナの花と言うよりつぼみ。
種房が成長するに従って花弁が一枚づつ開き、中の小さな可愛いバナナの房が現れる。

パイ(ไผ่, Pai, 竹, Bamboo)
竹の花 竹の花 竹の花 竹の花

畑のあぜ道で遭遇した老竹。数百本に別れた株全体が薄茶色の花に覆われ、周囲を圧倒するような光景。
何か神聖な場所に足を踏み入れてしまったような感覚で、しばらく言葉が出ません。
地元の人の話によると、寿命の終わりに近づいた老竹が最後に花を咲かせるのだそうです。
以前「竹は数十年に一回花が咲く」と聞いたことがありましたが、今、なるほどと納得。
地面には無数の「竹の種」が落ちていました。

その他の花

その他の花 その他の花 その他の花 その他の花 その他の花 その他の花 その他の花 その他の花 その他の花 その他の花 その他の花 その他の花 その他の花 その他の花

Google Sponsored

コメント

このページに関する、ご感想やご質問をお寄せください。
お名前と都道府県名は、正確にお書きください。 - 泰山 -

お名前: *必須
都道府県: *必須
コメント: *必須

まだコメントは有りません。