写真で見るタイの果物(ผลไม้, Pon-la-mai, ポンラマイ)

Wat-Suan-Dok前の果物屋

値段、品質共にさまざまでです。買う買わないは買い手の勝手だが、売る売らないも売り手の勝手というが日本と違うところ。安くて美味しい果物が買える様になったら一人前。
近年、薬品などの使用により季節感がなくなりつつあるのが寂しい。果物はやはり旬に限ります。

ア・ングーン(องุ่น, A-ngun, 葡萄, Grapes)

アングーン

日本でもお馴染みの葡萄ですが、品種は極めて少ないです。一年中。

オーイ(อ้อย, Ooy, 砂糖きび)

オーイ ナム・オーイ ナム・オーイ ナム・オーイ ナム・オーイ

日本の南国でも見られる赤褐色の太い砂糖きびです。その場でジュースにしてくれる屋台もあります。
右側はNam-ooy(砂糖きびのジュース)。「なーんだただの砂糖水じゃないか」と言われるかもしれませんがその通りです。濃くがあってかなり甘い。ほとんど一年中。

カヌン(ขนุน, Kanun, ジャックフルーツ, Jack fruit)

カヌン カヌン

見た目はトゥリアンよりも大きくとげの小さい果物です。中には薄黄色の袋状の果実がたくさん入っており、べっとりとした甘さがあります。料理やデザートにもよく使われます。ほぼ一年中、旬は4~6月。40B/kg。

ガ・トォーン(กระท้อน, Ga-toong, サントール, Santol)

ガ・トォーン

ソフトボールほどの大きさで、皮は薄茶色。5つの大きな種を乳白色の甘い果肉が覆っている。表皮の薄皮をナイフでむき、内部のスポンジ状の部分も食べる。やや渋みがあり、ほんのりと甘い。5~9月。

クルアイ(กล้วย, Kluay, バナナ Banana)

バナナ バナナの蕾

さすがに完熟なのでおいしい。ホーン・ナーム、カーイの3種類あります。
形状から容易に連想できるカーイ(卵)バナナにはちょっと感激。台湾バナナよりももっとずんぐりしていて、味も3種類のうちで一番美味しい。一年中。

ゲーオ・マン・コン(แก้วมังกร, Keaw-mang-kon, ドラゴンフルーツ)

ゲーオ・マン・コン

皮は濃いピンク色。白い果肉で、キウイを思い出させるような小さな種がいっぱい入っているが、食べても気にならない。5~9月。

サッ・パ・ロ(สับปะรด, Sap-pa-rod, パイナップル, Pineapple)

サッパロ

1個売りと切り売りがある。甘くて非常においしい。10B前後。一年中、旬は4~6月と11~1月の2回。

サラ(สละ, Sala, サクラ椰子の実)

比較的小さな実で、丸いものと尖ったものの二種類がある。茶褐色の皮はギザギザしているが薄くてむきやすい。中は独特の香りでクリーム色のやや酸味のある甘い実が入っている。種は大きい。7~9月。

サ・リー(สาลี่, Sa-lee, 梨)

サリー

梨。ほとんど一年中。

ソム(ส้ม, Som, みかん Orange)

ソム

オレンジの系統で、皮は汚らしいが味はいい。その場でジュースにしてくれる屋台もあります。タイはみかん好きにとって天国ね。コンビニなどで売られている缶入りやビンのジュースも、日本とは比べ物にならないくらい美味しいです。
日本と同じように皮がだんだん綺麗になってきて、それにつれて値段も高くなって来ているのが気にかかります・・・。一年中。

ソム・オー(ส้มโอ, Som-Oh, 文旦, Pomelo)

ソム・オー

文旦、ざぼん。大型のみかん。中は黄色と紫色があります。どちらもおいしいですが、紫色のものが希少価値もあり味も良い。
日本で食べたことのある人も無い人も試食の価値大です。ただし安すぎるのは酸っぱい。
バンコク近県のナコーン・パトム産が有名です。列車の中やプラットホームでも売りに来ますから、旅行風情満点です。ほとんど一年中、旬は8~11月。

チョン・プー(ชมพู, Chom-Phuu, ジャワフトモモ, Rose Apple)

チョン・プー

形、大きさがピーマンと似ている。食べるのが惜しくなるような、透明掛かった赤・ピンク・薄緑の綺麗な色をしている。さくさくしてさっぱりしていた味。3~5月。

テーン・モー(แตงโม, Teng-moo, スイカ, Water melon)

テーン・モー テーン・モー

青黒くて丸い種類と細長い種類とがあります。フルーツ専門の屋台では食べやすく一口大にカットして売っていたり、地方ではトラックで売りに来ることもあります。1年中、旬は3~6月。

テーン・タイ(แตงไทย, Teng-thai, ウリ)

テーン・タイ

屋台の小さなショーケースにサッパロなどと一緒にカットされて売っていることが多い。注文すると食べやすく切ってくれる。緑色のものと黄色のものがある。一年中、旬は4~6月。

トゥリアン(ทุเรียน, Turian, ドリアン, Durian)

トゥリアン

果物の王様。高級品でも1㎏100バーツ位で買えます。子供の頭程の大きさで全体を硬くて大きなとげに覆われていて、香りはきついが慣れれば平気、一度食べたらやめられなくなります。
初めて食べるときは、熟す直前の香りの少ないものを選んでもらうと食べやすい。露天で買うと皮を剥いて果実を1つずつ丁寧に包装してくれます。ほぼ一年中、旬は4~7月。

ノイ・ナー(น้อยหน่า, Noi-na, 釈迦頭, Custard Apple)

ノイ・ナー ノイ・ナー

握りこぶし大の大きさで緑色。皮にお釈迦様の頭のように凹凸があることからシャカトウの異名をもっている。その凹凸から中心に向かって、たくさんの小さい果実と種が放射状に並んで入っており、柔らかく甘くて美味しい。7~9月。

ファ・ラン(ฝรั่ง, Fa-rang, グァバ, Guava)

ファラン

野球のボール程の大きさで、皮は黄緑で硬くすべすべしている。中身も硬いがさっぱりした味。一年中、旬は3~4月。

マ・カーム(มะขาม, Ma-Kam, タマリンド, Tamarind)

マ・カーム マ・カーム

皮は褐色で果実も褐色~黒色。ねっとりとして甘い。調味料に使用する種類は薄茶色で酸味が強い。

マ・ファン(มะเฟือง, Ma-faung, 五斂子(ゴレンシ), スターフルーツ)

マ・ファン マ・ファン

黄色い果実で、切り口が星型になっているところからスターフルーツと呼ばれる。さっぱりとした味。殆ど一年中。

マ・プラーオ(มะพร้าว, Ma-prao, ココナツ Coconut)

マプラーオ マプラーオ

露天や道路沿いで手軽に買えます。小ぶりの種類のものが甘くて美味しい。
真っ白な胚乳はそのままスプーンですくって食べたり、絞ってココナツミルクにする。コンビニなどには、缶やビンに入ったジュースも売られており、フレーク状の胚乳入りのもあって美味しい。一年中。

マ・ムアン(มะม่วง, Ma-muang, マンゴー, Mango)

マムアン

青いうちは、シナモン入りの砂糖を振りかけて食べたり料理の食材に使われる。
熟して黄色いものはそのまま食べる。青いのをガリガリかじっていると、すでにそこは南国。3~5月。

マラコー(มะละกอ, Ma-la-kor, パパイヤ Papaya)

マラコー

タイでは、何処の家の庭先に生えているポピュラーな果物です。青いうちはソムタンなどの料理に、熟したものは冷してデザートにしたりスライスしておやつ代わりに食べます。
成長が早く、植えてから3ヶ月ほどで実をつけます。一年中。

マ・ロート(มะหลอด, Ma-lod, グミ)

マ・ロート

日本より種類が多いようです。熟すに従って緑⇒黄⇒赤と色が変わります。

マン・クット(มังคุด, Mang-kud, マンゴスチン, Mangosteen)

マンクット

黒紫色の皮で、柿のようなへたがあります。手で皮を剥くと指先や爪が黒く染まりますから、先に両手で包むようにして軽く押し付けて厚い皮にひびを入れると、手を汚さずに剥けます。
中は、乳白色の小さな袋に分かれていて甘い。5~10月。

ラム・ヤイ(ลำไย, Lam-yai, 竜眼 Longan)

ラムヤイ

皮は茶色で中は半透明な乳白色。タイ人が熱狂的に好む果物の一つです。
枝付きのものが新鮮で、ばらばらになり一山いくらで売られているのは古い。タイ北部特産。6~8月。

ラ・ムッ(ト)(ละมุด, La-Mut, サポジラ, Sapodilla)

ラ・ムッ

卵大で皮は茶色。柿を思わせる味で、なんとなく懐かしい。9~12月。

リンチー(ลิ้นจี่, Lynchee, レイシ)

親指の先くらいの大きさで皮は赤色、黒い大きめの種に乳白色の果実がついている。タイ北部特産。4~6月。

ルーク・ターン(ลูกตาล, Luk-Tan, 扇椰子の実, Palmyra palm)

扇椰子の実 扇椰子の実 扇椰子の実

透明な果肉をスライスして砕いた氷の上に乗せ、黒蜜やキビ糖を振り掛けて頂きます。歯応えのある触感で、一工夫すれば、ちょっとした高級デザートになります。

ロン・コーン(ลองกอง, Long-kong, ズク、ランサー Lang Sart)

ロン・コーン

薄茶色の薄い皮で、小さな卵型の果実。中は透明な薄皮に入った4~5個の袋に分かれている。
味は甘さの中に若干の渋みと酸っぱさを含む。大粒で皮の黒ずんでないものが新鮮で美味しい。5~9月。

ンゴッ(เงาะ, Ngo, ランブータン, Rambutan)

赤い皮に長い毛が生えた異様な形をしているが味は甘くておいしい。乳白色で実離れが良く食べやすい。新鮮なものは毛が黒ずんでなくしっかりとしている。5~9月。

Google Sponsored

コメント

このページに関する、ご感想やご質問をお寄せください。
お名前と都道府県名は、正確にお書きください。 - 泰山 -

お名前: *必須
都道府県: *必須
コメント: *必須

まだコメントは有りません。