写真で見るタイの珍味

露天の珍味屋さん

タイには、古(いにしえ)から引き継がれてきた伝統的な料理や豊かな自然の恵みに加えて、ちょっと日本では考えられない食材も沢山あります。
珍しい食べ物や、ちょっと変わった食材を紹介しましょう。

トゥア・ナオ(ถั่วเน่า, Toa Nao, タイの納豆)

トゥア・ナオ(タイの納豆)

タイ北部で生産されている納豆。茹でた大豆を潰しシート状にしたものを2日ほど天日で乾燥させる。
そのまま軽くあぶってカーウ・ニアウ(ข้าวเหนียว, Khao-Neaw, もち米)と一緒に食べる。油で揚げても良いが香ばしさは無くなる。パリパリで味も香りも日本人には今ひとつ。他に何か調理方法が有るのかもしれません。

チェンマイのワローロット市場の乾物屋さん。4枚入り5B、お徳用25Bも。時々日本人が訪れるらしく、「5Bは日本語で何と言うの?25Bは?」と熱心にメモ。今はも少し上がっているかも。

ナーム・プン(น้ำผึ้ง, Nam Pun, ハチミツ)

ナーム・プン(ハチミツ)

地方都市に出かけると、市場や路上販売で野生のハチミツを販売しているのを良く見かけます。
ハチミツがたっぷり詰まった「巣」を選んで渡せば、その場で絞ってビン詰めにしてくれます。

勿論、そのままでも販売してくれるますから、どうせなら、丸かじりして濃くの有る野生のハチミツを堪能しましょう。

タオ(เต่า, Tao, 亀)

タオ(亀)

淡水産の亀。スッポンが多いです。30cm程で200~300B。
美味しいですが、料理するのには手古摺ります。

ティン・ガイ(ตีนไก่, Tin Gai, ニワトリの足)

ティン・ガイ(ニワトリの足)

ゼラチン質で本当に美味しい。

イェー(Yea, トカゲ)

イェー(トカゲ) イェー(トカゲ)

一般的な小型のトカゲ。

レン(Ren, オオトカゲ)

レン(オオトカゲ)

成長すると1m以上になる。

トゥア・フー・ジー(เต้าหู้ Toa Hu Ji, 臭豆腐)

トゥア・フー・ジー(臭豆腐)

豆腐を発酵させたもの。これは中国や台湾が本場だと思われるがタイでも製造されている。
おかゆの具にするとすこぶる美味しい。甘口、辛口など数種類がある。小ビン50B~、大ビン100B~。
安いのは、避けた方がいいです。

カイ・モット(ไข่ มด แดง, Kai Mot Daen, 赤蟻の卵)

カイ・モット(赤蟻の卵) カイ・モット(赤蟻の卵)

成虫は大型の透き通った赤色の蟻で、樹木の比較的下部の小枝の葉を数十枚、クモの糸状のもので丸めて大きな巣を作ります。攻撃性が強く、近寄るものに対しては容赦なく噛み付くので要注意です。

採取方法は、太くて長い竹竿の先に、手製の布袋を付けて、その中にもう一本の竹竿で叩き落します。大掛かりな昆虫採集といった風情。布袋は、なぜか皆白色で、攻撃性の強い赤蟻の成虫を見分けやすくする為の知恵のようです。

チン・グリッ(จิ้งหรีด, Chin Gli, コオロギ)

チン・グリッ(コオロギ)

日本のものより一周りほど大きく、昆虫好きの人はちょっと嬉しくなるような大型のエンマコオロギです。雨季になると市場や道路端で、生きたままポリ袋に詰められて、売りに出されます。羽と足をむしって唐揚げに。10B~20B。

日本人にとって、コオロギはかわいいもの、ちょっと食べるには抵抗が有るかもしれません。

グラローク(กระรอก, Guraroku, リス)

グラローク(リス)

リスの丸焼き。結構あちこちで売っています。

カーン・カーオ(ค้างคาว, Kaang Kaaw, コウモリ)

カン・カーオ(コウモリ) カン・カーオ(コウモリ)

中型のコウモリ。たぶんフルーツバットの一種だと思います。
皮を丁寧に剥いで、「姿焼き」や「唐揚げ」に。肩や胸、腿に付いている肉を、むしりながら或いは骨ごとバリバリと食べます。濃くの有る小動物の肉といった感じで、すごく美味しいです。癖になるかも。

唐揚げにした、あまりグロテスクで無い?写真を1枚だけUPしておきます。
※不思議な事に火が通ると、どのコウモリも、硬直した手が、小鬼のような顔のちょうど耳の辺りに来ます。
ムンクの「叫び」や羅生門の「餓鬼」を連想して、アップではちょっと見るに耐えられません。

Google Sponsored

コメント

このページに関する、ご感想やご質問をお寄せください。
お名前と都道府県名は、正確にお書きください。 - 泰山 -

お名前: *必須
都道府県: *必須
コメント: *必須

まだコメントは有りません。