著名なY染色体 D系ハプログループ

引用元: famousdna.wiki.fc2.com
Haplogroup People Name 詳細
D* (アジアの超古代種) ジャラワ族 Jarawa people Jarawa People Jarawa People

アンダマン諸島に住む先住部族の一つであるジャラワ族の男性のY染色体を調査したところ、4人中4人(100%)がハプログループD*(D-174*)系に属していることが判明した。これはチベット人に見られるD1a(D-Z27276)系や、日本列島に見られるD1b(D-M64.1)系、フィリピンのマクタン島やルソン島のD2(D-L1366)系の祖系にあたると考えられている。

オンゲ族 Onge People

アンダマン諸島に住み、狩猟採集生活を行っている先住部族の一つである、オンゲ族(Onge people、ÖngeまたはOngee)のY染色体は、ハプログループ D*(D-174*) 。これは、オンゲ族の男性23人中23人(100%)から得られたサンプルによる解析結果である。

オンゲ族は、アンダマン諸島のジャラワ族たちと同じく、地球上で孤立した種族の一つで、最終氷河期(約2.1万年前)の海面低下していた頃に陸続きのアンダマン半島に移住し、のち海面上昇によって島となったアンダマン諸島へ取り残され、以後、殆ど外部との接触をせずに生活してきた。

オンゲ族は、インド・マレー系の民族とは全く異なるアンダマン諸島系の独自の言語「オンゲ語」を話す。「オンゲ」とは彼等の言語で「真人(完璧な人)」を意味する。

タイ人 Thai People

タイ人男性のY染色体を調査したところ、ハプログループ D系統が4%検出された。この内訳は、ハプログループ D*(D-M174*)が1.33%、ハプログループ D1a1(D-M15)が2.67%である。

D1 (縄文人の祖系) 柳江人 Ryukoujin Ryukoujin

1958年、中国広西チワン族自治区柳州市の石灰岩洞窟で出土した柳江人(りゅうこうじん、3万5千〜4万年前)の古人骨を復元した結果、日本固有の縄文人の人骨に近い形状であったことから、Y染色体ハプログループ D1b(D-M64.1)系の縄文人の祖系に近いハプログループ D1(D-CTS11577)系のグループであったと推定されている。現在の中国広西省では、ハプログループ D1a(D-Z27276)系の人々がみられる。

ハプログループ D1 は、アラビア半島からインド・南アジアの沿海岸を通って東南アジアに到達した系統であるハプログループ D から南シナ海周辺で分岐したと思われる。

D1a (チベット系) チベット族 Tibet Tibet

チベット人の約半数にあたる49%は、ハプログループ D1a(D-Z27276)系に属している。また、チベット人からは D系と E系の祖形 DE から分岐した DE*系の人もわずかにみられる。父系系統で比較する場合、日本人と最も近い民族がチベット人である。

D1a1 阮廌 阮廌

ベトナム後黎朝大越国の建国の功臣、阮廌(げんせん, グエン・チャイ, 1380-1442)のY染色体は、ハプログループ D1a1(D-M15)である。これは阮の子孫によるデータに基づくものである。

阮チャイは、ベトナム独立のため藍山(ラムソン)で蜂起した黎利軍に参加して参謀格となり、漢民族の明の支配に抗戦した。

1428年、黎利が後黎朝を建てて黎太祖となった時、阮は宰相となって太祖を補佐し、諸制度の整備に努めた。阮は、今なおベトナム史上の偉人として国民の人気が高く、彼の名を冠した「グエンチャイ通り」はベトナムの各都市にある。

王三春 王三春

民国土匪・王三春(本名:王汝仁, 1884-1939)のY染色体は、ハプログループD1a1(D-M15)である。王三春は、四川省巴中(現 平昌)の出身。

ベトナム人 ベトナム人 ベトナム人

ベトナム人男性のY染色体を調査したところ、ハプログループD1a1(D-M15)が4.17%検出された。

台湾人 台湾人 台湾人

台湾人男性のY染色体を調査したところ、ハプログループD1a1(D-M15)が0.28%検出された。

D1a1a2 アダムス家 カナディアン インデアン

バンクーバー近郊に住む、カナディアン・インディアンのアダムス家のY染色体は、ハプログループD1a1a2(D-F1070)である。この結果により、このカナディアン・インディアンとラオスのモン族とは約9,200年前に共通祖先から分岐したことが明らかとなった。

D1b (日本列島固有種) 瓊瓊杵尊 瓊瓊杵尊

瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)のY染色体は、ハプログループD1b(D-M64.1)であると推測される。これは瓊瓊杵尊の子孫による遺伝子データに基づくものであり、瓊瓊杵尊の御陵である可愛の山陵(宮内庁所管)の学術調査が出来ないため確定的な結果ではない。

また、考古学的には日本最大規模の帆立貝形古墳である男狭穂塚の被葬者が瓊瓊杵尊である可能性が高いという理由から、現在は国指定の特別史跡として宮内庁によって管理されている。ハプログループD1から分岐したハプログループD1bは、アンダマン諸島、フィリピンを経て、約3万5千年前に日本列島に到達した系統である。

記紀の神話によると、天照大神の子である天忍穂耳尊と、高皇産霊尊の娘である栲幡千千姫命(萬幡豊秋津師比売命)の子。兄に天火明命(あめのほあかり)がいる。『日本書紀』の一書では天火明命の子とする。 大山祇神の娘である木花之開耶(このはなのさくや)姫を妻とし、火照命(海幸彦)・火闌降命(火須勢理命)、彦火火出見尊(山幸彦)が生まれた。

天孫降臨の経路の解釈ついては、日向国の高千穂峰に降り吾田国(現在の鹿児島県南さつま市)の長屋の笠狭碕に到達したとする説のほか諸説ある。日向(ひむか)の歴史はかなり古く、鹿児島県大隅地方もその昔は日向と呼ばれていた。行政上、日向国が設置されたのは7世紀になる。

細川茂樹 細川茂樹

俳優 細川茂樹のY染色体は、ハプログループD1b(D-M64.1)である。岐阜県大垣市出身。

須藤元気 須藤元気

元格闘家・作家・タレント 須藤元気のY染色体は、ハプログループD1b(D-M64.1)である。東京都江東区出身。

堀江貴文 堀江貴文

実業家 堀江貴文のY染色体は、ハプログループD1b(D-M64.1)である。堀江貴文の父祖は、福岡県久留米市の出身。

竹村健一 竹村健一

政治評論家 竹村健一のY染色体は、ハプログループD1b(D-M64.1)である。

アイヌ人 アイヌ人 アイヌ人

アイヌ人のY染色体は、縄文系のハプログループD1b*(D-M64.1*)が88%(D1b*が13/16=81.25%、D1b1aが1/6=6.25%)を占め、残りの12.5%がシベリアから樺太を経由して南下してきたニヴフ(ギリヤーク)系のC2(C-M217)である。

舜天王 舜天王

琉球国舜天王朝の太祖・舜天王(しゅんてん-おう, 1166-1237)のY染色体は、ハプログループD1b(D-M64.1)であると推定されている。

舜天王は、保元の乱で伊豆に流刑となった源為朝(鎮西八郎)の子で、『中山世鑑』によれば、為朝の船が嵐に遭い、沖縄本島の今帰仁に漂着し、その地の豪族・大里按司の妹と結婚し、生まれた子を「尊敦(後の舜天王)」と名付けた。

尊敦は15歳で浦添按司となり、琉球の逆賊・利勇を征伐したことにより、琉球諸侯の推挙を受けて中山王となった。舜天王朝は3代目の義本王の時に一旦滅んだが、後に第一尚氏が倒れたあと新王統を開いた第二尚氏の始祖・尚円王は、『中山世譜』など正史によると舜天王統の義本王朝の七世孫であると記されている。

『中山世鑑』を編纂した羽地朝秀は、摂政就任後の1673年3月の仕置書(令達及び意見を記し置きした書)で、琉球の人々の祖先は、かつて日本から渡来してきたのであり、また有形無形の名詞はよく通じるが、話し言葉が日本と相違しているのは、遠国のため交通が長い間途絶えていたからであると語り、為朝が王家の祖先だというだけでなく琉球の人々の祖先が日本からの渡来人であると述べている。

D1b1a2 東山天皇 東山天皇

東山天皇のY染色体遺伝子は、ハプログループD1b1a2(D-IMS-JST055457)である。これは、東山天皇の男系子孫 複数名から採取された口腔粘膜の解析による。

源頼朝 源頼朝

鎌倉幕府を開いた源頼朝(1147-1199)のY染色体は、ハプログループD1b1a2(D-IMS-JST022457)である。

源頼朝は、河内源氏の源義朝の三男として生まれ、父・源義朝が平治の乱で敗れると伊豆国へ配流されたが、やがて配流地の伊豆で以仁王の令旨を受け、北條時政、北條義時などの坂東武士らと平氏打倒の兵を挙げ、鎌倉を本拠として源義仲や平氏を倒し諸国に守護と地頭を配して力を強め、奥州藤原氏を滅ぼして全国を平定した。建久3年(1192)に征夷大将軍に任じられ鎌倉に幕府を開いた。

D1b1a2b1a1 大庭景義

平安時代末期の相模国の武将 大庭景義(1128-1210)のY染色体は、ハプログループD1b1a2b1a1(D-CTS8093)である。大庭景義は、平良文の末裔で、鎌倉景政の曾孫にあたる。

永井親賢

薩摩藩士 永井親賢のY染色体は、ハプログループD1b1a2b1a1(D-CTS8093)である。

グレン・ヨシト・マサダ博士

テキサス大学教授 グレン・ヨシト・マサダ博士のY染色体は、ハプログループD1b1a2b1a1(D-CTS8093)である。グレン・マサダは、広島県出身でハワイに移住した、正田初治(1859-1924)の子孫である。

D1b1a2b1a1a 本郷源之丞

仙台藩士・本郷源之丞のY染色体は、ハプログループD1b1a2b1a1a(D-CTS5406)である。これは、本郷源之丞の四男の二男の子孫から得られたサンプルによる解析結果である。

本郷氏の遠祖は、村上天皇の後裔で源姓を賜り臣籍降下した村上源氏である。本郷氏の始祖は、承久の乱ののち若狭国大飯郡本郷(現 福井県大飯郡大飯町本郷)の新補地頭に任じられ同地に下向した本郷美作左近大夫源朝親で、子孫は南北朝時代 北朝に仕えて将軍直轄の奉公衆となり、15世紀中頃には若狭守護職・武田氏の配下に組み込まれた。

元亀元年(1570)4月、織田信長が越前国・朝倉征伐のため若狭に進出した際、矢部家定を介して織田家に仕えて所領を安堵されたが、信長が本能寺の変で自害したのち本郷の達城(現 福井県大飯郡大飯町尾内)から離散した。本郷源之丞は、徳川藩政末期・仙台藩のお姫様附きの士分で、明治維新の大業が成就し、廃藩置県により国体が正位に復すると家禄を奉還。以後は高等専門学校の教職を得て後人の育成に盡力した。

D1b1a2b1a1a1 山崎内蔵允

亀山藩士 山崎内蔵允のY染色体は、ハプログループD1b1a2b1a1a1(D-L137.3)である。山崎内蔵允は、慶應4年(1868)10月22日、天野遠秀(儀太夫, 錦洞斎)や、天野遠謨(刑部左衛門)らと石大神まで遊山したことが『天野錦洞斎日記』に記されている。

D1b1a2b1a1a2 唐木傳三郎

唐木傳三郎(1861-1928)のY染色体は、ハプログループD1b1a2b1a1a2(D-CTS1982, subclade-FGC6373)である(注1)。これは、彼の男系子孫から採取された口腔粘膜の解析による。

建久4年5月28日(1193.6.28)、富士の裾野での巻狩りの際に源頼朝の家臣・工藤祐経が曾我祐成と曾我時致(筥王丸)兄弟の仇討ちに遭って絶命した。この後、祐経の遺児・工藤犬房丸祐時(1185-1213)は信濃国伊那郡小出(現 長野県伊那市西春近小出)に籠居したが、この時、祐時に供奉した郎党が唐木氏の祖先・唐木久次郎教俊や、唐木孫三郎秀行で、長野県伊那市西春近の「唐ノ木(とうのき)」村を領して家名としたと言われる。

D1b1c1 饒速日命の子孫 饒速日命 物部守屋

饒速日命(ニギハヤヒノミコト)のY染色体は、ハプログループD1b1c1(D-CTS1897)系統であると推定される。これは、出羽国雄勝郡(現 秋田県湯沢市)に移住した物部氏の子孫ら複数名から得られたデータに基づくものである。

正史によれば、饒速日命は神武東征に先立って大和国(現 奈良県)を平定した一族であると記録されている。饒速日命の子孫は、物部氏、石上(いそのかみ)氏、阿刀(あと)氏などを本流として栄えた古族。

秋田の唐松神社は神功皇后の創建で、天喜5年(1057)に源義家が再建した。その後、延宝8年(1680)に現在の場所に移転。宮司は代々物部氏が務め、第61代当主・物部長元の二男、物部長穂(1888-1941)は、『水理学』、『土木耐震学』を著し水理学の先駆者として名高く従三位勲三等に叙せられた。

『秋田物部文書』によれば、物部守屋(?-587)の一族は、用明天皇2年(587)7月、河内国渋川郡(現 大阪府東大阪市衣摺)で滅亡した際、物部尾輿(おこし)の家臣であった捕鳥男速(とっとりのおはや)が、守屋の遺児・那加世(なかよ)という男児をかくまい東北へ隠棲したと言われ、この物部那加世(585-?)が秋田物部氏の祖と伝えられている。

伊藤彦左衛門

伊藤彦左衛門(1855-?)のY染色体は、ハプログループD1b1c1(D-CTS1897)である(注1)(注2)。これは、彼の男系子孫から得られたデータに基づく結果である(注3)。伊藤彦左衛門は福島県安達郡岩代町成田(現 福島県二本松市成田町)の出身。伊藤彦左衛門の子・伊藤彦次郎(1880-1974)は大内袈裟の婿養子となり、1907年ハワイのホノルルに移民した。

D2 (フィリピン固有種) ホアキン・ドロイ ラプ=ラプ

フィリピンの実業家・ホアキン・ドロイ(Joaquín Doroy)のY染色体は、ハプログループD2(D-L1366)である。ホアキンの父、アレハンドロ・ドロイ(Alejandro Doroy)は、フィリピンセブ州マクタン島ラプ=ラプ市の名家出身。

ラプ=ラプ市は、世界一周航海の途上でフィリピンへ来航し、キリスト教への改宗と服従を迫るフェルディナンド・マゼランに対抗したマクタン島の部族長で英雄・ラプ=ラプ(Lapu-Lapu, 1491-1542)がマゼラン軍を破り、マゼランを討ち取った場所である。

このため、ラプ=ラプはヨーロッパ人のアジア侵略に対して立ち上がった最初の東南アジア人であるとされ、ラプ=ラプ市は、ヨーロッパ人のアジア侵略に対して立ち上がった記念すべき場所として有名である。

Google Sponsored

コメント

このページに関する、ご感想やご質問をお寄せください。
お名前と都道府県名は、正確にお書きください。 - 泰山 -

お名前: *必須
都道府県: *必須
コメント: *必須
No.000297 唐木 聡 愛知県 2018-11-06 16:00:32
このコメント欄は名前と都道府県名を正確に書くと晒されるんですね。
No.000296 唐木 聡 愛知県 2018-11-06 15:14:28
D1b1a2b1a1a2 唐木傳三郎 は有名人ではない(小農家)ので削除して欲しい。